クリスチャン・スコットの作品

シェアする

https://www.youtube.com/watch?v=L1JnHCqqu64

Rewind That

「この時代に生きていることを目一杯出したジャズを作ろうとした。ヒップホップやロックの要素も用いつつね」
(2008.1) CD Journal by 佐藤英輔

Anthem

ハリケーン・カトリーナの被害を軽視した政府の対応へのプロテストアルバム。これまでツアーを続けてきた同世代のメンバーたちと練り上げた作品で、レディオヘッドの影響を認めている。
(2008.1) CD Journal by 佐藤英輔

Live at Newport

スタジオ録音用と普段活動するためのワーキングバンドをミックスした編成。サックスのウォルター・スミス三世、ピアノのアーロン・パークスはスタジオバンドからの加入。「今回のライヴ盤は、スタジオ盤のベストなクオリティと、やりやすいワーキング・バンドのハイブリッドということだよ。ワーキング・バンドのほうが演奏しやすいし、僕の望む音楽のインテンシティが得られるので、今後はこういう形でやっていきたいね」
(2008.1) CD Journal by 佐藤英輔

Yesterday You Said Tomorrow

「マイルス・デイヴィスのクインテットやジョン・コルトレーンやチャールズ・ミンガスのバンドといった60年代きってのジャズ表現とボブ・ディランやジミ・ヘンドリックスのような人たちの音楽を一緒にしたような音楽的雰囲気を僕は作りたかったんだ。ジャズだろうとロックだろうとフォークだろうと、それら60年代の表現は深みがあったよね。あの頃の政治や社会的風潮はとてもヘヴィなものがあったはずで、それに自分の音楽で言及することを恐れない人がいた。そして、それを見事に成し遂げた人は息が長い」
『Yesterday You Said Tomorrow』ライナーノート

Christian aTunde Adjuah

Stretch Music

僕がやろうとしているのは特定の音色を出すことよりも、バンド全員でいろんなサウンドをパレットのように使って音楽を作ることなんだ。それを追求するうちに、今では自分がトランペットを吹かなくても、トータルでクリスチャン・スコットだとわかる音楽ができるようになったと思う。
(2015.12) CD Journal by 柳樂光隆

センテニアル・トリロジー全体について

準備中

Ruler Rebel

(リリース前に雰囲気やテーマを聞かれて)ストレッチミュージックの進化形です。トラップミュージックの音をもっと取り入れたいと考えています。ジョン・コルトレーンの『 A Love Supreme』やマイルス・デイヴィスの『Kind of Blue』をトラップミュージックのビートや要素をミックスしてみたらおもしろいと思うんです。O.N.S

Diaspora

The Emancipation Procrastination