ジェン・シュー / Jen Shyu

シェアする


ジェン・シューはアメリカを中心に活動するジャズ/フリー・インプロヴィゼーション系のヴォーカリスト。自身のバンド「Jade Tongue」での活動に加え、スティーヴ・コールマンやマイルス・オカザキ、ダン・ワイスなどの作品の参加で知られている。

バイオグラフィー

1978年、イリノイ州ピオリアでアジア人移民の家庭に生まれる。父親は機械工学を学びに渡米した台湾人、母親は図書館学を専門にしていた東ティモール人だった。
5歳の時地元のバレエ団に入る。7歳でピアノを、8歳でバイオリンを始める。12歳頃地元のミュージカル劇場で歌い始める。
高校卒業後、スタンフォード大学に進学し、はじめは演劇科、後に音楽科に転向しオペラ、クラシック・ヴァイオリン、バレエの勉強をする。2001年頃、サンフランシスコのサルサバンドで歌い始める。
2003年よりスティーヴ・コールマン・ファイブエレメンツに加わる。コールマンの影響でそれまで歌っていたスタンダードをやめ、オリジナル中心の音楽性に転向。2004年にニューヨークに拠点を移す。

  • キューバ、台湾、ブラジル、中国、韓国、東ティモール、インドネシアの伝統音楽とダンスを現地に訪れて研究している。南台湾の伝承音楽、韓国の口承芸能パンソリ、ジャワのガムランなどがそれである。
  • 英語、韓国語、ジャワ語、インドネシア語、テトゥン語(マレー系言語)を使い分ける。

作品

リーダー作

2002 – For Now
2009 – Jade Tongue
2011 – Synastry
2015 – Sounds and Cries of The World
2017 – Song of Silver Geese