ダビィ・ビレージェス / David Virelles

シェアする

バイオグラフィー

1983年11月10日キューバのサンティアーゴ・デ・クーバに生まれ育つ。父はシンガーソングライター、母は地元の交響楽団のフルート奏者だった。7歳でクラシック音楽の勉強を始め、同時にキューバ音楽にも触れる。また祖父のカセットテープ・コレクションがきっかけでジャズに興味を示すようになる。当初はセロニアス・モンク、バド・パウエル、アンドリュー・ヒルを聴いていた。

2001年、アフロキューバン・ジャズに造形の深いソプラノ・サックス奏者、ジェーン・バネットに師事するためカナダ、トロントのハンバー大学に入学し、彼女のレコーディングやツアーに参加する。2006年にはモントリオール・ジャズ・フェスティバルのグランプリを獲得したことで、初リーダー作『Motion』を録音する機会を得る。当時のプライベート・レッスンではバリー・ハリス、スティーヴ・コールマン、スタンリー・カウエル、ムハル・リチャード・エイブラムスにも師事する。

2009年、ニューヨークに拠点を移す。同地ではヘンリー・スレッギルに作曲を学ぶ。またスティーヴ・コールマン、マーク・ターナー、クリス・ポッター、デヴィッド・ビニー、トマシュ・スタンコなど様々なミュージシャンとも共演していく。

2012年に録音した『Continuum』はキューバの伝統音楽、特に音楽や詩、ダンス、占いや奇術などによって行われるアフロキューバ圏の儀式をモチーフにしている。2011年にはキューバを訪れ、さらにキューバの伝統音楽について詳しく調査する。この時の経験は次作『Mboko』に反映される。

作品

リーダー作

2007 – Motion
2008 – Oblivion
2012 – Continuum
2014 – Mbókò
2016 – Antenna(EP)
2017 – Gnosis

訳語

地域差もあるが、スペイン語の発音はおおよそ以下のような慣習がある(参考 Wikipedia: スペイン語)。(1)「b」と「v」は同じバ行音で発音する。(2)語尾にある「d」は無音声化する。(3)「ll」はヤ行とジャ行の中間に近い発音。そのためキューバ出身のDavid Virellesも「ダビィ・ビレージェス」辺りが近い。ただしネット検索では「ダヴィ・ビレージェス」「ダヴィ・ヴィレージェス」といった表記のほうが多いため、そちらも参考にされたし。

Google翻訳: David Virelles(スペイン語)