ジェイソン・モラン / Jason Moran

シェアする

ジェイソン・モランはアメリカ在住のジャズ・ピアニスト、作曲家、レーベルオーナー。

バイオグラフィー

デビューまで

1975年1月21日テキサス州ヒューストンに生まれる。父親は投資銀行家、母親は教師だった。6歳からピアノを始める。幼いころは母親によく地元のシンフォニーや博物館、美術館に連れて行ってもらい、父親の影響で自宅にあるモータウンからクラシック、アヴァンギャルド・ジャズなどのレコードに触れながら育つ。ただし少年時代はピアノよりもヒップホップやスケートボード・カルチャーに熱中していた。しかし13歳の時、セロニアス・モンクの”′Round Midnight”を聴いたことで、ジャズに興味を持つようになる。

高校はヒューストン・パフォーミング・アンド・アーツに入学。同校はモラン以降、ロバート・グラスパーやケンドリック・スコット、エリック・ハーランドなど数々のミュージシャンを輩出している。その後NYに渡りマンハッタン音楽院に入学。学生時代は後に『New Directions』で共演するステフォン・ハリス、マーク・シムとルームシェアをしていた。

時期 学校・機関  教育家  主な内容
6歳~ スズキ・メソード Yelena Kurinet クラシックピアノ
1990-93 ヒューストンPVA高校 Robert Morgan ジャズ
1993-97 マンハッタン音楽院 ジャキ・バイヤード フーガの作曲
1998年 ケネディ・センター ベティ・カーター 作曲など
20代 プライベートレッスン アンドリュー・ヒル 不明
ムハル・リチャード・エイブラムス

デビュー後

マンハッタン音楽院最後の年度である1997年、クラスメイトのエリック・ハーランドの紹介でMベースシーンで主導的な役割を果たしていたグレッグ・オズビーのヨーロッパツアーに誘われる。ここでの演奏が気に入られ、オズビーのバンドに参加、『Further Ado』を録音する。またオズビーに前衛系のベテランピアニスト、ムハル・リチャード・エイブラムスとアンドリュー・ヒルを紹介される。オズビー・バンドでの演奏によって当時彼が所属していたブルーノートレーベルと契約。1999年に『Soundtrack to Human Motion』でデビューする。

グレッグ・オズビー『New Directions』でも共演したベースのタルス・マティーン、ドラムのナシート・ウェイツとともにピアノトリオ「バンドワゴン」を結成。このメンバーで『Facing Left』(2000)『Black Stars』(2001。サム・リヴァーズ参加)『The Bandwagon』(2003)をリリースし自己のスタイルを確立していく。

2000年代後半はバンドワゴンに追加メンバーを加え、ブルースにオマージュした作品『Same Mother』と美術館からの委託作品を集めた『Artist in Residence』を発表。ストライド・ピアニスト、ファッツ・ウォーラーをトリビュートした2014年『All Rise』リリース後、ブルーノートレーベルを離れプライベートレーベル、イエス・レコーズを設立。以降Bandcampを中心にライブ、スタジオ作品を発表している。

  • 配偶者はクラシックのソプラノ歌手、アリシア・ホール。たびたび夫婦で共演する他、『Bangs』参加のメアリー・ハルヴァーソンをモランに紹介したのも彼女。
  • サイドマンとしては先述のグレッグ・オズビーのグループや2007年から参加しているチャールス・ロイド・カルテットでの活動が有名。他にもバンキー・グリーン、ステフォン・ハリス、ラルフ・アレッシ、デイヴ・ホランドなどの作品、ツアーに加わっている。
  • 20世紀美術にインスパイアされた作品をたびたび作っている。“JAMO Meets SAMO”、“Gangsterism”シリーズはジャン=ミシェル・バスキアに、『Facing Left』はエゴン・シーレ「左向きの人物画」シリーズに、『Black Stars』はロバート・ラウシェンバーグ「ブラック・ペインティング」に影響されている。また、『MASS』(2017)はエチオピア生まれの抽象派画家、ジュリー・メルト(Julie Mehretu)のライヴ・ペインティングとのコラボレーション作品。

作品

リーダー作

ザ・バンドワゴン(+追加メンバー)
2000 – Facing Left
2001 – Black Stars
2003 – The Bandwagon: Live at the Village Vanguard
2005 – Same Mother
2006 – Artist in Residence
2010 – Ten
2017 – Thanksgiving at The Vanguard

ソロピアノ
2002 – Modernistic
2016 – The Armory Concert

その他
1999 – Soundtrack to Human Motion
2014 – All Rise: A Joyful Elegy for Fats Waller
2017 – BANGS
2017 – MASS {Howl, eon}

サイドマン作品を見る

発言

音楽観

準備中

好きな音楽

好きなピアニスト
イーサン・アイヴァーソンとのインタビューで影響されたピアニストと好きな作品を挙げている。アンドリュー・ヒルは『Smokestack』、『Pax』、ピアノソロ作品(特にオフィシャル・サイトで公開されている2003年ロンドンでの演奏)、また作曲家としてのヒルなら『Point of Departure』とボビー・ハッチャーソンの『Dialogue』(半分がヒル作曲)。ジャキ・バイアードは作曲とピアノソロから『Out Front』。ハービー・ニコルズはソロピアノ。セシル・テイラーはブルーノート・レーベルの作品と初期の『Love for Sale』。ジェリ・アレンは『Etudes』、『Homegrown』、『The Printmakers』で、生徒にも聴くことを推奨している。(2006, Do the M@th)

カバー曲
現代のミュージシャンの中でもとりわけ多方面の作曲家のカバーをしている。シンガー・ソングライターではビョーク、ヒップホップではアフリカ・バンバータ、クラシック/現代音楽ではシューマン、ブラームス、ラヴェル、プロコフィエフ、レナード・バーンスタイン、コンロン・ナンカロウ、映画音楽では佐藤勝、カーマイン・コッポラを取り上げている。

影響源

準備中

出典

ウェブサイト

(2006) DO THE M@TH by Ethan Iverson