クロスレビュー Fabian Almazan / Alcanza

  現在のジャズシーンは、ストリングスを交えた室内楽的な表現が台頭してきている。挾間美帆やレミー・ルブーフ、ケネス・ダール・クヌーセンなど弦楽器をモダンに活用する作曲家が次々と登場し、また近 続きを読む…

アーロン・パークス&フランキー・ルソー 慶應ライトとの共演、音楽的ルーツを語る

慶應義塾大学ライトミュージックソサイェティ(以下”慶應ライト”)は、学生バンドながらもビッグバンド界にとどまらない存在として、現代ジャズ・ファンに知られている。というのも彼ら/彼女らはマリア・シュナイ 続きを読む…